悲しそうに跳ねる子供とよく冷えたビール

雨雲と川と陽炎

さあ、「料理人」のことを考えてみたいんだ。険しい顔するほど難しく考えることじゃない気がするんだ、「使命」の特色って。

TOP PAGE >

□騒がしく吠えるあの人と花粉症

かなり昔、見たことのあるシネマが、「ビフォアサンライズ」というもので、日本名は「恋人までのディスタンス」という。
当時20歳くらいだったお姉さんに、「感動の作品だよ」とプッシュされたシネマだ。
列車内で居合わせたアメリカ出身のジェシーと、フランス出身の、ジュディー・デルピー演じるセリーヌは少しの間オーストリアのウィーンを旅するストーリーだ。
この変わっている所は、これといったパニックシーン、もしくは起承転結の点の部分など、そんなに無い部分。
会ってすぐという一組の男女が、恋愛や生と死に関して永遠と考えを述べる。
その時中学生だった私は、分からないことが多く、子どもで、なんとなく見たストーリーだった。
だけど、先日、偶然DVD屋さんにて発見し、懐かしく思い借りて、観賞したところ大変感動してしまったのだ。
特に、レコードショップで、ケイス・ブルームの曲を聞きながら視線を投げあう部分。
2人の帰国の際、つまり、お別れの時、そこで最後を迎える。
その時期は心に響かなかったこの映画、時を隔てて見ると、またまたく違う見方になるのかもしれない。
その感覚を味わった後、ケイス・ブルームのALBUMを、ツタヤで探して聞いている。

夢中で熱弁するあの子と横殴りの雪
江國香織の小説に登場する女の人は、陰と陽を持ち合わせていると思う。
旦那意外との恋愛を責めない。
恋だと思わせつつ、心底大切に思っているのは別のただ一人。
このようなヒロインがよく登場するような気がします。
旦那意外との恋愛を陰だと置くと、本命は陽。
ふとした瞬間に別の自分が入ったように陰が出てくる。
旦那意外との恋愛に関する考えはシカトして、その物語の女性をしっかりみつめる。
私の中に新しい恋愛観や新たな価値観が姿を見せることもある。

□汗をたらして走る彼と観光地

友達の彼氏であるSさんの働く会社で、朝食用に梅干しを買っている。
酔うと電話をかけてくるSさんが可愛がっている社内SEのEくんは、ほとんど会話がかみ合わない。
シラフの時の彼は、相当なあがり症らしくそうたくさん返答してくれない。
したがって、一度もEくんとは満足いくくらい会話をしたことがない。

余裕で話す家族と草原
随分久しぶりの外での仕事の際、初めて仕事でお世話になったAさんという男性は、体格のいい大先輩だ。
初めて会話をして以降気難しそうで個人的な会話は全然話す機会がなかった。
その時、ただ何気なくAさんの袖をまくった大柄な腕を拝見してかなりびっくりした!
大きなパワーストーンブレスレットかなりの数つけられていたため。
ついつい、パワーストーン興味があるんですね!と話しかけてしまった。ほど。
するとAさんは得意げで、しかも可愛い顔で、ひとつひとつの天然石の名前を話してくれた。

□怒って走る家族と公園の噴水

レフも、当然大好きだけれど、それを抜きにしても例外的と言えるくらい好むのがトイカメだ。
2000円強あれば小さめのトイカメラがすぐに得られるし、SDがあるならばPCですぐ再現できる。
リアリティーや、奇跡の瞬間を撮るには、ピント調節ができるカメラが向いていると、思う。
けれども、そこの空気感や季節の感覚を撮りたいときには、トイカメラには他の何にもかなわないと熟考する。

騒がしく跳ねるあなたと飛行機雲
まだまだ社会に出てすぐの頃、知識がなく、ちょっとしたごたごたをもたらしてしまった。
罪悪感を持つことはないといってくれたお客さんたちに、お詫びの方法も考え出せず、泣いてしまった。
お客さんの一人が、エクセルシオールのカフェオレを差し入れと言ってくれた。
間違って2つ頼んじゃってさ、と言って別の種類のドリンクを手に2つ。
長身で、細くてとても親切そうな表情をした人。
申し訳なかったな、と思い返す。

□無我夢中で踊る姉妹と冷たい肉まん

普段より、残業や家の事に追われていて、そこまでフリーの時間がない。
ちょっとだけ空き時間が持てても、なぜか次の仕事の予定など、何かの詳細が頭にある。
そんな状況で、丸一日など時間ができると、非常にワクワクしてしまう。
では、この空き時間をどんなふうに費やそうかと。
結局毎回、あれも、これしたい、といった希望のみが募り、すべては上手くいかない。
特に私はゆっくりペースなので、考えているうちに時間は経過。
時は金なり、なんて本当に的確だと感じる。

熱中して歌う姉妹と気の抜けたコーラ
昨日は、梅雨があけてから初めて大雨になった。
チヌ釣りの約束を甥としていたのだけれど、雷がなっているので、さすがに危なくて行けない。
気がついたら、雨が降っていなかったので、やはり行ってみるということになったのだが、釣りに行ける準備をして、行ってみたら雨が降ってきた。
雨が止んだことにより先に来ていた釣り人が、あせって釣りざおなどを車に入れていた。
えさも買って準備していたがもったいなかった。
天気のよい休みにと話して釣り道具を片づけた。
明後日からは晴れが続くみたいだ。
その時は、次こそ行きたい。

□騒がしくお喋りする友人と紅葉の山

ビビアン・スーは、美人で秀才で才能ある人だ。
年齢が30代終わりなんて、見えない。
過去に見ていたテレビで、印象的なのが、ビビアンが、英語のインタビューに返答していた部分。
ちょうど学んでいる所のようだったけれど目を引くくらい熱心だった。
今となっては英語だけでなく日本語だって、すでに話せるんじゃないかと思う。
ビビアンの驚くべき素敵さは目を見張る位なのだ。

どんよりした火曜の日没は熱燗を
御盆だとしても故郷から離れて定住しているとたまにしか感じることがないが、少なくとも、お供え物くらいはと思い里方へ送った。
本家に居たら、香を握って祖霊の迎えに出向いて、お盆やすみの最後に送り届けに行くのだが、別れて住んでいるので、そのように実行することもない。
ご近所の人たちは、線香を握りしめて墓に行っている。
そういう状況が見える。
いつもより墓の近くの道路にはいっぱいの乗用車が路駐されていて、人もめちゃめちゃたくさん目につく。

□サイト内コンテンツ


□サイト内コンテンツ


Copyright (C) 2015 雨雲と川と陽炎 All Rights Reserved.
top