余裕で熱弁するあなたと穴のあいた靴下

雨雲と川と陽炎

テレビのインタビュー等で、「格闘家」について聞かれたとしたら、君はなんて答える?「師匠」は、人によって考え方が全然違うかもしれない。

TOP PAGE >

□息もつかさず口笛を吹く彼と私

この一眼レフのカメラは、あまり大きな声では言えないけれど、浜で拾った物だ。
その日、7月のはじめで、中盤で、もちろん暑く感じた。
パルコで買い物中、彼女と言い合いになり、もう会いたくないと告げられてしまった。
夜中、アパートからこの砂浜まで二輪でやってきて、砂浜を散歩していた。
すると、少し砂をかぶったこの一眼に出会うことができたのだ。
持ち帰って、試しに夜景様子を一枚撮影してみた。
一眼レフの所有者より、良い感じに撮れるかもしれないと思った。
恋人の可愛い笑顔撮れたらなー、とか、思った以上にピント調節って難しいなー、とか心の中で思っていた。
明日、どうにかして会うことができたら、彼女に自分が悪かったと謝りたい。
解決したら、この一眼レフ、落とし主に届けよう。

ひんやりした日曜の晩はお酒を
気になってはいても行ったことはない、しかし、暗くなってからの動物園は、夜に動く習性の動物がとても動いていて見ていて楽しいらしい。
知ってはいても、暗くなってからの動物園は見に行ったことがないけれど、子供がもうちょっと大きくなったら行ってみようと思っている。
もうちょっとわかるようになったら、絶対に、子供もはしゃいでくれると思うから。
よく行く動物園と異質の気分を俺も家内もドキドキしながら見てみたい。

□怒って口笛を吹く家族と夕立

さやかちゃんはパッと見おだやかそうに見られるらしいけど、活動的な女友達。
旦那さんと、3歳の賢治くんと、3人でドーナッツ屋さんのななめ向かいのマンションに住んでいる。
一般事務の仕事も子育てもささっと行い、毎日が充実していて、時間の使い方は上手。
少しでも時間があれば、今日会える?と絶対メールを入れてくれる。
私はそのたびにケーキを買って、彼女の家にお呼ばれする。

雨が上がった金曜の朝にゆっくりと
都内でも昔から賑わっている町、台東区浅草。
特によく知られているお寺が浅草の観音様。
ついこの頃、浅草寺詣でに行ってきた。
珍しく向かう東京都の浅草詣で。
一段と、自分できちんと直視し分かったことが、外国人の旅行客が多いということ。
世界中より旅行客が集まる浅草、以前よりどう考えても多くなった。
というのは、世界一背の高い電波塔、東京スカイツリーが建った関係もあるだろう。
アジアからは、羽田のハブ化に伴ってアクセスが良いという事で、そして、ヨーロッパ方面や欧米諸国からは、着物や和装小物に魅力を感じて来ているツアー客が多数かもしれない。
それはさておきこれから先も多くの外国人観光客がやってくることを想像した。
この国の良さをみつけぜひ楽しんで心に残る印象を抱いてほしい。
私はというと、仲見世通りをじゅうぶん観光することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしをたくさん購入して、櫛やかんざしも観賞させてもらった。
宝蔵門を抜けると、立派なご本堂が見える。
この瓦屋根は雨に濡れてもさびにくいチタンを使用して、改修工事を行ったそう。
秘仏の観音様に日本の平和を祈りご参拝した
頑張りがこの先どこかで実りますように。

□雲の無い平日の夜に立ちっぱなしで

鹿児島市に暮らしてみて、墓前に日々、切り花をなさっている人がわんさかいることにたまげた。
年配の方は、日々、お墓に献花をやっていないと、周辺の人の目が気にかかるらしい。
その日その日、菊をなさっているから、月々の花代もめっちゃばかにならないらしい。
いつも、周辺の老年期の主婦の方は墓に集まって菊をあげながら、語らいもしていて、墓所の陰気くさい空気はなく、さながら、人の集まる公園のように陽気な空気だ。

陽気に走る家族と失くしたストラップ
アパレル店員さんって私には無理・・・など考えるのは自分だけだろうか。
出勤の度に、徹底的に着飾らないと店のイメージにつながる。
私なんて、会社で働くときはスーツ着ればいいし、化粧も簡単でそれでよし。
外出するときは、自分が納得する格好をすればいいし、自宅で働くときはTシャツにジーンズで大丈夫。
だから、きっと、ファッションにかかわる商売には、向かないと思う。
ショップに入ると店員さんが近寄ってきて流行やコーディネイトを語ってくれる。
何度買い物に来てもそれに怖くなり、その場から去ってしまう。
こういった部分も、店員さんって難しそうと思う事の大きな理由の一つだ。

□ぽかぽかした木曜の午後に座ったままで

日頃、EくんからのMAILの話は、一体何のことを語りたいのかほとんど知ることが出来ない。
酔ってても素面でもほとんど分からない。
だけど、彼が社内で考えたという、会社の商品と寄付金に関する文を読んだ。
きちんとした文を書いてる!と思って、驚いてしまった。

気持ち良さそうに大声を出す子供と擦り切れたミサンガ
タリーズでもその他カフェでもいろんな場所でコーヒーは飲める。
もちろん、どこかでインスタントを入れても飲めるし、どこかで

私が気に入っているのがスターバックスだ。
全てノースモーキングと言うのが、煙草の苦手な私にはお気に入りだ。
そのことから、コーヒーの匂いを堪能できる。
値段も安くはないが、上質の豆が使われているのでグルメにはピッタリだ。
甘いもの好きには毎回コーヒーと一緒に、つられてケーキも注文してしまうという落とし穴もある。

□どんよりした土曜の夕暮れにカクテルを

どんなことでも一個の好きなことを、ひたむきにコツコツ続けている根気のある人に憧れる。
スノボだったり、書道でも、凄く目立たない分野でも
毎年一度だけでも、あのメンバーで、いつものホテルに連泊する!というような事も良いんじゃないかなと思う。
何か一個の事を辞めないで続ければいずれは実用レベルまで達することがあるかもしれない。
あれは、幼稚園の時、ピアノと日本舞踊なんかを習っていたが、また学習したいな。
このように考えるのは、リビングのの隅に祖母に貰ったピアノが置いてあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、そのうちもう一回弾きたいとという意思がある。

雨が上がった週末の夜明けに食事を
ビールなど、アルコールのおつまみには、まあまあ健康に良い物を!と思っている。
しばらくの酒の友はニンニク。
もっと前はマグロ。
それから、最近は、湯葉だけれど、少々高めなのであきらめた。
そして、新たなおつまみを考え出した。
パック入りの90円くらいのエリンギ。
小さく切って、オリーブオイルで炒めて、みりんと塩を適量使用し味を調えたもの。
かなりコストはリーズナブルだし、KCALも低い気がしませんか。

□サイト内コンテンツ


□サイト内コンテンツ


Copyright (C) 2015 雨雲と川と陽炎 All Rights Reserved.
top